2020年7月16日木曜日

コロナバスターズ宣言と生教会の役割− 現職教員と児童生徒に伝えること

 
  元公立高校教諭のK.Oです。

  世界中が新型コロナウイルス感染拡大の阻止で非常事態になっている昨今、私たち教育関係者は、何を思い何を実践すべきでしょうか。生長の家総裁・谷口雅宣先生が、2020.4.5に発表された「コロナバスターズ宣言」に基づき、私達生教会の役割について考えたいと思います。
 

「コロナバスターズ宣言」
1.責任:私たちは責任あるコミュニティーのメンバーとして考え、行動します。
2.柔軟に忍耐強く:私たちは忍耐強く生き、事態が正常化した時に正しく行動するための準備を怠りません。
3.決意:私たちはこの時期に、正常時にはなかなか決意できなかった新しい決意を固めます。
4.尊敬:私たちは、私たちの隣人ーー地上の全生物を含めたすべての仲間を尊敬します。
5.抑制・制限:私たちは現状が気に入らないというだけで、決して大騒ぎなどしません。
                              Facebook「生長の家総裁」2020.4.5より)

 上記の5つの項目が全て重要でありますが、ここでは特に4項目の「尊敬」について考えます。 

新型コロナウイルス感染はなぜ起きたのか-学ぶことは何か?

感染拡大阻止に全力を注ぐことは重要であります。また、制約された環境でも日々明るくやれることを力一杯やっていくことも大切です。

さらに、この感染がなぜ起きたのかを理解し、それを将来を担う子供たちに伝えることが大変大きな愛行であると考えます。 

  生長の家総裁・谷口雅宣先生は、「コロナウイルスは何を教える」かについて、次のよに説かれています。

 今回の新型コロナウイルスの地球規模の拡大が教えていることは、数多くある。そのうち、前記の2回の機会*で強調したのは、「人間中心主義の弊害」ということだった。(中略)「生命を礼拝する」ことも「生命の法則に随順する」こともせずに、人間の物質的、肉体的欲望を満足させることを至上目的として、長期にわたって自然破壊を進めてきたという事実を指している。(谷口雅宣先生ブログ「唐松模様」、2020.3.22より)(*3/1生長の家春季記念日、3/11「神・自然・人間大調和祈念祭」)


  総裁先生は、「生命を礼拝する」-「地上の全生物を含めたすべての仲間を尊敬」することを示されています。肉食を控えることをはじめ、全ての生物・鉱物を大切にし、自然に与え調和する生き方が重要です。


「倫理的な生き方」を実践し、教育関係者や教え子に伝えよう!


「倫理的な生き方」として、「ノーミート、低炭素の食生活」、「省資源、低炭素の生活法」、「自然重視、低炭素の表現活動」のライフスタイルを実践し、教育関係者や教え子に伝えていきましょう。一例として、クラフトづくりでは単にできたものを買うのではなく、自然素材から工夫して作ってみることです。特に自然素材から伝わってくる感触-肌触り・臭い、そして加工のしかたや難易等が自然との一体感を養ってくれます。また、この体験が全ての生命を仲間として尊敬する生き方を培ってくれます。自然とすべての生命と一体となり調和するとき、神様に導かれ、「神の子」の自覚が深まり、自他一体の自己肯定感に満たされるのです。コロナ問題の中にあって、生長の家の使命、生教会の役割は極めて大きいと考えます。                                                                                             K.O

2020年3月8日日曜日

「生長の家の教育」の魅力と希望を伝えよう!-「ブラック職場」といわれる学校現場を照らす光に -



元高校教諭のK.Oです。

  ここ数年、教員の志願者が減少し、教員のなり手が減っています。2018年度の公立小中高校教員採用試験の受験者は、全国で約13万8千人。2012年度は約16万人ですから、6年間に約2万2千人も減っているのです。(文部科学省統計) 理由は、長時間労働や保護者からの過大な要求、いわゆるモンスターペアレンツ等により「ブラック職場」と言われはじめていることに深く関わっています。
 
「生長の家の教育」は素晴らしい!-よろこびと希望・・・「祈り」から

 「生長の家の教育」を実践すると、教育は楽しくなります。児童・生徒は個性と長所を伸ばし天分を発揮し、教員はよろこびを感じ使命を抱き生き甲斐が生まれます。「人間・神の子」の自覚により、一人ひとりの生命の尊さと無限の可能性を理解し、学習や活動、仕事に表現できるからです。また、地球温暖化による異常気象-台風・大雨が頻発するなかで、真の環境教育を学び実践することにより、未来社会への希望が湧いてきます。

 特に、「祈り」の教育が子供や保護者に関わる問題だけでなく、教員の悩みも含め、教育のあらゆる問題を解決する大きな力になります。現代社会にあって、瞑想・マインドフルネス等が注目されているのです。

生長の家総裁・谷口雅宣先生は、「祈り」について、次のようにお説きくださっています。

 『観世音菩薩讃歌』には、こうあります――

   祈りは、 

   神の御心と汝らの心との導管にして 
  神との交流の楽園なり。

 日常生活の忙しさに気を取られていると、私たちはこのパイプがすでに心の中にあることを忘れがちです。しかしそれを思い出し、パイプから新鮮な“空気”を吸い込むことができれば、私たちはすぐにでも神さまからアイディアを受け取って、楽しい、創造的な生き方をする準備ができるでしょう。(谷口雅宣先生著『神さまと自然とともにある祈り』51~52頁より)
 

この「祈り」から幸せな教員生活を送る知恵と愛と生命を得ることができます。

教職者のよろこび・使命の提案


  昨年の教育学会に参加した、M大学教育学部3年生のY.Sさんの感想文には「先輩方が、『褒めて認める教育』や『子どもの現象に振りまわされず、実相を拝んで接する』ことを楽しそうに前向きに実践されている姿をみて、改めて自分が目指している職業の尊さを感じることができました。『子ども達は神の子さん』をつねに心に刻んで、明るくメリハリのある教師になります!」とあります。

 現職の教員はじめ、教員を志す学生に「生長の家の教育」の魅力と希望、特に「祈り」を伝え、教職者のよろこびと使命を提案していきたいと思います。もって、教育界に夢と希望の光をともし、“新しい文明”の基礎作りに貢献していきましょう。
                                        K.O



2019年7月4日木曜日

すべての子供の神性を拝もう!− “縦に伸ばす”こと、“横に伸びる”こと–


  元高校教諭のK.Oです。

  去る1月、熊本教区における「幸せを運ぶ教育フォーラム」に出講させていただきました。その時、参加者から発達障害の子供をどのように指導したらよいでしょうかという質問がありました。近年、発達障害は小学校の低学年で増加傾向にあり障害の種類も様々ですが、授業中に動き回る、奇声を発する等、集団生活をすることに課題の多い症状をいいます。    

 すべての子供に「神の子」の神性が内在する

 私はまず子供の「神の子」の実相を祈ること、また聖経読誦等の三正行の実修をお勧めしました。参加者の中からは「子供の良いところを認めて、褒めて、引き出すことが大切である」とアドバイスをしてくださる方もいました。

 また昨今、発達障害とともに教育の問題として虐待の増加が報じられており、一昨年児童相談所の虐待相談件数は133千件にもなるといいます。何故、虐待に走るのか・・・。ある虐待防止の親の研修でによると、親のプライドや親の成育歴にも由来するそうです。“かくあらねばならない”という高い目標、親の過度の期待、理想と現実のギャップに困惑し、叱責、激怒、体罰へとエスカレートしているのです。

 
 悪しき現象の奥に、全ての子供に「神の子」の神性が内在することを、生長の家創始者・谷口雅春先生は説かれています。


  愛によって育てられる子供は健康に育つ、けれども愛とは執着することではない。愛は相の神性を拝むのである。愛は相手を弱き者としていたわることではないのである。相手を完全なものとして、其のまま放つのである。(『新版 光明法語』90頁 谷口雅春先生著)


  この「生長の家の教育」が光を放つ時です。今、求められている教育法です。最も大切なことは実相直視の指導-神性を拝むこと。一人ひとりが違ってよい、その児童の絶対価値を観ることなのです。


“横に伸びる”教育の強調を


 この子はこのままで「神の子」実相円満完全。このままで良いところを認めて褒めて引き出します。現象を見て、みんなと同じにこうでなければならないという考えを捨て、学力・成績に拘泥しない、競技の優勝にこだわらない指導。かけがえのない個性があることを信じるのです。

  縦方向の目標とともに、横方向に心を向けましょう。目標に向かって向上させる指導だけでなく、周囲に感謝し与えることを教える教育へ転換することが肝要です。 

  生長の家総裁・谷口雅宣先生は、「向上」の意味について、次のようにお説きくださっています。 
 
  つまり、本当の意味での「向上」とは、単に自分を規模や能力において“上に伸ばす”ことではなく、他者との関係で善性や倫理性が“横に伸びる”ことが伴わなくてはならないのである。現代社会では、どうも前者が強調され、称揚されてきたのに対し、後者がないがしろにされてきた感がする。(『凡庸の唄』51頁 谷口雅宣先生著)

  “縦に伸ばすことと“横に伸びる”ことのバランスが重要で、特に現代では前者の教育の偏重を是正し、後者の教育が強調されなければならないと考えます。この中に、発達障害・虐待等の現代教育の抱える諸問題を克服するカギがあると信じます。
                                                                              K.O