2018年9月15日土曜日

「神さまと自然とともにある祈り」の実修からはじめよう!

  元公立高校教諭のK.Oです。
 
  今年2月〜5月にかけて、生教会教区会長会議が全国7つのブロックで開催されました。その7会場のブロック会議に出席し、生教会運動のポイントについての説明を担当。その前後に「幸せを運ぶ教育フォーラム」、「生命学園研修会」等を10会場-合計17会場でお話しさせていただきました。企画・推進等の準備にご尽力された、多くの方々に感謝申し上げます。

各地で素晴らしい教育実践者との出会い-質疑応答-私たちは何をお伝えするのか?
 
 そこで感動したことは、「生長の家の教育」を実践するたくさんの方々との出会いです。素晴らしい実践をお聞きしました。2名の方を紹介します
 
 現職教員-K.Tさん(北見教区)(小学校教諭)
 
   特別支援学級の担任として、子供たちと野菜づくりを通して、自然に親しむことを指導しています。野菜嫌いな子供も少しずつ食べるようになり、「先生美味しいね」とびっくりするくらいの量を平らげる子もいました。また、職場や保護者との絆も深めることができたのです。始業前に野菜のお世話をしていると、大地のパワーが体に流れ入り、一日を楽しく過ごせるとのことです。
 
  生命学園園長S.Nさん福岡教区)(日豊生命学園
 
 食事の時もゲームを離さず、近所の家の壁をキズつけ、誰の言う事も聞かなかった児童が、読み聞かせと紙芝居の時だけおとなしいのです。S.N園長が「輝くところだけ見よう」と決心した時、変わってきました。今では下の子供の面倒をみて、兄弟・いとこを練成会に誘い、ジュニア友の会に入る決心をするようになったのです。
 
 各地で、現職の教員、生命学園の園長・スタッフのみなさんから、児童生徒の指導のことや生命学園の運営に関する、熱誠あふれる質問が出されました。心を込めて説明し理解してもらうことができました。その中で感じたことは、私たちは何をお伝えするのが最も良いのか?ということです。“新しい文明”を担う児童と若いお父さん・お母さんの幸福のために、そして世界の平和と地球の未来のために、何が必要なのか?この視点が、これからの生教会・生命学園の活動のポイントであると思います。そのために、変わらないで受け継ぐもの、変わるもので放つべきものを考慮して、進んでいきたいと考えます。
 
7つのお祈りの実修から-生教会・生命学園の新生と教育実践者の育成を
 
 この8月に発刊された総裁・谷口雅宣先生著の『「神さまと自然とともにある祈り』には次の7つの祈りが収められています。
 
・周囲に神さまを感じる祈り

・自然の美しさをたたえる祈り
・自然の中の私に気づく祈り
・植物の美しさと命を感じる祈り
・人と植物の生かし合いを思う祈り
・鳥やけもののすばらしさを称える祈り
・キノコやカビと友だちになる祈り

   このお祈りを朗々と唱えていると、豊かな心になり喜びいっぱいになります。自然と人間が調和した素晴らしい世界が、意識の中に広がります。各教区、各生命学園では、この7つのお祈りを実修し、喜びと感動が生まれているのです。児童もスタッフの大人もお祈りのコトバの響きを感じ、その響きが魂に届きます。
 
“新しい文明”を担う児童・青少年を育成するために、総裁・谷口雅宣先生よりいただいた、7つのお祈りのもと、新しい生命学園・生教会をつくっていきましょう。今、新生のときです。すべてはここから生まれ、始まります。さらに素晴らしくなるのです。
 
 特に、「生長の家の教育」を実践する若い教育実践者の育成を目指し、まずは小さな体験やささやかな取り組みから発掘していきたいと思います。                                                                                                 K.O


2018年8月12日日曜日

玉虫発見!?

小学校教諭のY・Sです。

先日山沿いの方へ行ったときに偶然見つけました。色は玉虫に似ていますが,コガネムシの仲間かも知れません。名前をご存じの方はご教示ください。

 Even a worm will turn.    
 
 
 
 

2018年8月9日木曜日

親の背中を見せよう。Show your children that you parents are struggling.

 

 小学校教諭のY・Sです。

 先日,教区の親子見真会で教育相談の講師を務めさせていただきました。参加者の皆さんはみな真剣にお子さんの生長や勉強の仕方などの話題に耳を傾けてくださいました。近年,様々な研究の成果によって多面的な子どもの学習支援方法が開発されていますが,私が一番強調したかったことは表題の英語表現に集約されています。つまり,親が奮闘しているところを何気なく子どもは見ていて,自分も向上しようという意欲に掻き立てられるものであるということです。これも近年の教育心理学における発見の一つです。
 さて,では親は何に奮闘(努力)すべきでしょうか。読書に熱中するのも良いでしょう。資格試験に挑戦することもすばらしいです。また,趣味に熱中する姿も子どもには良い影響を与えるようです。
 私は「英会話」を一緒に勉強することをお勧めします。ご存じの通り小学校では2020年度から3年生以上の学年で英語が必修教科(Compulsory subject)になります。既に今年度から移行期間として週に2時間の外国語活動の時間が設けられています。もちろん指導者である私たち教員も研修をしなければなりません。読者もみなさんもぜひ英会話をお子さんと一緒に学習してみてはいかがでしょうか。
 最後にエマーソン(Ralph Waldo Emerson)の名言からのQuotationをご紹介します。
☆What is a weed? A plant whose virtues not yet been discovered. 雑草とは何か?その美点がまだ発見されていない植物である。
☆Other men are lenses through which we read our own minds. 他人とは自分の心を読み取ることのできるレンズである。
☆Whatever course you decide upon, there is always someone to tell you that you are wrong. There are always difficulties arising which tempt you to believe that your critics are right. To map out a course of action and follow it to an end requires courage. 何をやろうとしてもあなたは間違っていると批判する者がいる。その批判が正しいと思わせる多くの困惑が立ちはだかる。計画を描き,最後まで実行するには勇気がいる。
☆Please treasure what you are crazy about now. Bcause that is what you really want. 今あなたが夢中になっているものを大切にしなさい。それはあなたが真に求めているものだから。

2018年5月2日水曜日

子供たちは幸せな生き方を求めている- 一人ひとりに夢と希望を! -


元公立高校教諭のK.Oです。

 『君たちはどう生きるか』(漫画版)が200万部を超えて、ヒットしているそうです。内容は、幸福に生きるには?立派な人間になるには?等の生き方の問いとその指針です。原作は1937年と古いのですが、現代にも合う考え方・指針があります。私も読んでみて共感するところもあり、特に「宗教でない宗教である」と感じました。そしてそれが、堅い内容なのですが、漫画版となりライトな表現になっていることが功を奏し、広く読まれているのでしょう。このことから、多くの現代人――大人も子供も“幸せな生き方”を求めているのであると思います。

 “「倫理的な生活者」の実践3項目”の取り組み、PBSの活動-時代の要請、希望!

  青森・八戸・弘前の生命学園でクラフトづくりをしました。子供たちが集中して、楽しく取り組んでいたことにびっくり。テーマは、柿の木などの剪定端材を活用した、「夢と希望のカードスタンド」です。自然素材を活用して、「木のぬくもりと自然の恵み」を感じてもらうことを目標としました。下ごしらえをした材料にサンドペーパーをかけ、お気に入りの絵やことばを描き、さらにカードにも自由に絵や文字を書いて仕上げます。子供たちは「楽しかった」「またやりたい」との感想を述べていました。

    また、近所に住むM.Kさんは、宗教にはあまり関心はないが、ものづくりと絵を描くことが大好き。クラフト・絵手紙で友達になったところ講習会に参加してくれたのです。教区の自然の恵みフェスタでは、一輪挿しづくりのワークショップを指導してくれました。本人も参加者も大喜びでした。

 不安の時代ともいわれる現代、価値観の多様化する中で、子供たちも大人も幸福になる生き方、よりよい生き方を求めています。ただ、重いものは嫌います。今までの既成宗教・道徳・モラルではなく、押しつけ強制でもなく、ライトで魅力ある指針を求めているのです。神社仏閣のトラブル・退廃。宗教に対する偏見、拒否反応。そのような中でも、まじめな真摯な考え・生き方を求めているのです。

 このような社会心理の中で、SNIオーガニック菜園部・SNI自転車部・SNIクラフト倶楽部のPBS(プロジェクト型組織project-based system)の活動、“実践3項目”の取り組み が現代にマッチしているのです。時代の要請・希望であると思います。

 夢と希望と幸せな生き方を伝えよう!

  昨秋、座間市で9人の男女が犠牲になった事件、SNSで「死にたい」と発信していたが、本当は「話を聞いて欲しい」等との訴えであったといいます。この人たちも幸せな生き方を求めていたのです。私たちは「子供たちの声をもっと注意深く聴く」ことを求められています。そして、求めに応じて真理を伝えること。特に、今子供たちに必要なものは、昨今の社会状況から「一人ひとりに夢と希望を」伝えることです。

具体的には、“実践3項目”の取り組みやPBSの活動、そして「日時計主義の生き方」や「無限の可能性」「新しい文明の構築」という夢と希望です。物事の明るい面を見る生活について、白鳩会総裁・谷口純子先生は、次のように説かれています。

職場や学校が変わった時、新しい環境に移ったときなど、なんとなく不安を感じるのが人間だ。(中略)けれども、こんな時こそ、「きっと素晴らしい経験が待ち構えている」と決めてしまうのがいい。自分の未来には楽しいこと、良いこと、素晴らしい経験が待ち受けていると心に決め、そういう目、そういう心構えで世界を見ていると、楽しいことや良いことが本当に自分の前に展開してくる。なぜなら、私たちの世界は“心でつくる”ものだからだ。

    (谷口純子先生著『この星で生きる』1920頁より)

  子供たちは幸せな生き方を求めています。よろこびとつながりを求めています。私たちは、そのような子供たち一人ひとりに、夢と希望を伝えていきましょう。幸せな生き方を教えていきましょう。

“実践3項目”の取り組みとPBSの活動を自信と勇気と愛をもって、「共にやろう」と呼びかけていきたいと思います。

      K.

2017年12月31日日曜日

教育運動の変化と生教会の使命-冷戦下に生まれた生教会・生命学園、50年のときを経て、今世界平和へ -



元公立高校教諭のK.Oです。

 新年、おめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 誌友会のためのブックレットシリーズ4『戦後の運動の変化について』の第1章の小見出し「宗教目玉焼き論」の中で、として総裁・谷口雅宣先生は、「時代や環境の変化とともに宗教運動も変わらなければならない」とご指導くださっています。その中で特に、「自然と調和した生活」への転換と、冷戦終焉後に総本山の祭祀の重点が「鎮護国家から世界平和へ」変化したことについて示されています。教育界も冷戦終結を境に大きな変化がありました。その変化に学ぶことから、将来を展望し、吾々生教会・生命学園の運動課題を知ることができます。
 
教育運動の変化 -学校・生教会・生命学園の変化- 
 
 冷戦によるイデオロギーの東西対立は、日本の政治状況を分断し、教育界にも影響を与えていました。その象徴的なものが国旗・国歌をめぐる対立です。学校においては、国旗掲揚と国歌斉唱をめぐって激しく対立し、かつて某高校の校長の自殺事件まで発展。その後、冷戦の終焉から時間の経過を経て、政治社会状況が変わり、国旗・国歌の争いはほとんどなくなりました。反対する声はほぼなくなり、普通に掲揚・斉唱が行われています。


 生教会の前身である全国生長の家教職員会の結成は1962(S37)、生命学園の全国での開設開始が1966(S41)、(東京生命学園は1961年(S36)開園)。この時代は、1960(S35)60年安保から1970(S45)70年安保へいたるときで、政治社会的には革命前夜の混乱の時期です。谷口雅春先生の日本赤化防衛の熱き御願いから、同じ頃生政連が結成され、運動が盛んに行われました。当然、生命学園の指導内容は、鎮護国家を目標に、愛国的で、天皇・日本の長所を強調する内容であったと思われます。その時代にはこうしたことは重要であったと考えます。

 それから約50年が経過し、社会状況は一変。教育界も大きく変化しました。しかしながら、一部の生命学園で、50年前そのままの指導内容が見られるのです。
  学校における国旗・国歌問題が、冷戦終焉後しばらくして終息し、今は環境問題とも深い関係のある、ものあふれ現象が起こっています。つまり東西のイデオロギー対立はおおむねなくなり、新しい課題が現れているのです。生教会・生命学園においても、社会状況の変化に対応して、教育内容の改革が求められています。

生教会の使命 ― “新しい文明”を担う青少年の育成を ―

 今、求められる生教会・生命学園の教育内容は、まず第一に環境教育の充実です。地球環境の破壊・気候変動は年々深刻さを増している状況であり、喫緊の課題です。次代を担う青少年の教育に最も必要なものと思います。とりわけ環境教育プログラム・脱原発教育がその中心です。次に世界平和への貢献、そして貧困からの救済等。学校教育にあっては、その学習内容を規則として定める学習指導要領が10年ごとに改訂されます。生命学園の指導内容が50年前から、そのままでよいことはありません。変わらないところと変わるところがあり、変わるところは変えなければならないのです。

  “新しい文明”の構築のため、私たち生教会・生命学園は人材育成、“新しい文明”を担う青少年の養成を通して貢献していきましょう。


その活動の重要点(人材育成の基本姿勢)として、生長の家総裁・谷口雅宣先生は、次のように示されています。 

 「人間・神の子」の教えのより深い理解と実践―それが現在の運動の方向です。これを力強くめていくことが運動の本筋であるということを、ぜひお忘れのないように、多くの人々に伝えてください。伝えるだけでなく、自らもできるところからでいいですから何か実践してください。肉食を減らすだけでも、立派な教えの実践です。
このほかにもプロジェクト型組織の活動など、できることはいろいろあります。

       (機関誌『生長の家』20178月号 20頁 谷口雅宣先生ご文章)

   具体的には、「倫理的な生活者(Ethical Citizen)」として、「ノーミート、低炭素の食生活」「省資源、低炭素の生活法」「自然重視、低炭素の表現活動」の実践と、その生き方を子供たちへ伝えることです。

   まずは、私たち指導者がプロジェクト型組織「SNIオーガニック菜園部」「SNI自転車部」「SNIクラフト倶楽部」に入部することから始めましょう。

                                                                                                     K.O
                                                                                                                                                           

2017年11月24日金曜日

子どもたちのために「聖経」を読もう。その功徳無限なり!

小学校教諭のY・Sです。

教育界は今,大転換期を迎えていると私は感じています。道徳の教科化や小学校での英語の必修科目化は前向きにとらえればよいことですが,発達障害・不登校・いじめ・子どもたちの学習意欲の低下や授業妨害(または拒否)という問題も山積しています。最早,唯物的教育観では対処不可能な学校現場であることは明らかです。

 私は担任時代には(今は教務で担任をもっていません)子どもたちの写真を自宅の神棚に奉納して,毎日の神想観で実相を観じ,聖経を唱げて祝福していました。今は学校の全児童を祝福しながら神想観・聖経読誦をしています。

 最近こんなことがありました。いわゆる発達障害といわれる児童の言動が急に悪化し始め,担任ばかりでなく学校中がその対応に追われる状況になったのです。そこで,私は特にその児童の名前を心で呼んで思念してから聖経を読むこと3日。驚くほどに効果(功徳)が出始め,落ち着いてきたのです。特に私の前では,まるで私が祝福しているのを知っているかのように素直になります。もちろん,これは私の力ではなく真理の言葉とその波動が子どもによい影響を与えたのであると考えます。

 さらに,問題と仮に言われる子どもの行動や障害の中には「霊的な障り」もあることは否定できません。そのような場合「先祖供養」や「聖経法供養」に申し込んであげたことにより絶大な功徳が現れ,その子どもが優良児となったという事実はたくさんあります。 読者のみなさん,子どもたちのために,教育現場のために,何よりも子どもたちの心身共なる健全な生長と将来の幸福のために「聖経」を読んであげましょう!

2017年10月21日土曜日

なぜ勉強しなければいけないの?

小学校教諭のY・Sです。

「なんで勉強しなければならないの?」という問いを子どもから受けたことは教師に限らず誰にでもあると思います。皆さんならどう答えますか?「子どもは勉強するのがしごとだからだよ。」,「勉強しないと立派な大人になれないからだ。(言っている人が立派な大人でない場合もある)」「いい学校に入るためだ。」等々。いずれも根本的に間違った答えです。子どもは勉強しなければならないのではなく,”勉強していい”のです。つまり勉強するもっと言えば学問をする権利が子どもにはあるのです。その機会と場,適切な条件を与える義務は私たち大人にあるのです。
   

     教育基本法 教育の実施に関する基本
(義務教育)ー1部抜粋ー
第五条 国民は、その保護する子に、別に法律で定めるところにより、普通教育を受けさせる義務を負う。
2 義務教育として行われる普通教育は、各個人の有する能力を伸ばしつつ社会において自立的に生きる基礎を培い、また、国家及び社会の形成者として必要とされる基本的な資質を養うことを目的として行われるものとする。
3 国及び地方公共団体は、義務教育の機会を保障し、その水準を確保するため、適切な役割分担及び相互の協力の下、その実施に責任を負う。

 そう,子どもたちは勉強をしてよりよい国家社会の形成者になる,簡単に言えば「幸せになる権利」をもっているのです。
それに関して私は時々子どもたちに,「慧可断臂」の故事を話します。子どもたちは真剣に聞いてくれます。ご参考まで。