2019年7月4日木曜日

すべての子供の神性を拝もう!− “縦に伸ばす”こと、“横に伸びる”こと–


  元高校教諭のK.Oです。

  去る1月、熊本教区における「幸せを運ぶ教育フォーラム」に出講させていただきました。その時、参加者から発達障害の子供をどのように指導したらよいでしょうかという質問がありました。近年、発達障害は小学校の低学年で増加傾向にあり障害の種類も様々ですが、授業中に動き回る、奇声を発する等、集団生活をすることに課題の多い症状をいいます。    

 すべての子供に「神の子」の神性が内在する

 私はまず子供の「神の子」の実相を祈ること、また聖経読誦等の三正行の実修をお勧めしました。参加者の中からは「子供の良いところを認めて、褒めて、引き出すことが大切である」とアドバイスをしてくださる方もいました。

 また昨今、発達障害とともに教育の問題として虐待の増加が報じられており、一昨年児童相談所の虐待相談件数は133千件にもなるといいます。何故、虐待に走るのか・・・。ある虐待防止の親の研修でによると、親のプライドや親の成育歴にも由来するそうです。“かくあらねばならない”という高い目標、親の過度の期待、理想と現実のギャップに困惑し、叱責、激怒、体罰へとエスカレートしているのです。

 
 悪しき現象の奥に、全ての子供に「神の子」の神性が内在することを、生長の家創始者・谷口雅春先生は説かれています。


  愛によって育てられる子供は健康に育つ、けれども愛とは執着することではない。愛は相の神性を拝むのである。愛は相手を弱き者としていたわることではないのである。相手を完全なものとして、其のまま放つのである。(『新版 光明法語』90頁 谷口雅春先生著)


  この「生長の家の教育」が光を放つ時です。今、求められている教育法です。最も大切なことは実相直視の指導-神性を拝むこと。一人ひとりが違ってよい、その児童の絶対価値を観ることなのです。


“横に伸びる”教育の強調を


 この子はこのままで「神の子」実相円満完全。このままで良いところを認めて褒めて引き出します。現象を見て、みんなと同じにこうでなければならないという考えを捨て、学力・成績に拘泥しない、競技の優勝にこだわらない指導。かけがえのない個性があることを信じるのです。

  縦方向の目標とともに、横方向に心を向けましょう。目標に向かって向上させる指導だけでなく、周囲に感謝し与えることを教える教育へ転換することが肝要です。 

  生長の家総裁・谷口雅宣先生は、「向上」の意味について、次のようにお説きくださっています。 
 
  つまり、本当の意味での「向上」とは、単に自分を規模や能力において“上に伸ばす”ことではなく、他者との関係で善性や倫理性が“横に伸びる”ことが伴わなくてはならないのである。現代社会では、どうも前者が強調され、称揚されてきたのに対し、後者がないがしろにされてきた感がする。(『凡庸の唄』51頁 谷口雅宣先生著)

  “縦に伸ばすことと“横に伸びる”ことのバランスが重要で、特に現代では前者の教育の偏重を是正し、後者の教育が強調されなければならないと考えます。この中に、発達障害・虐待等の現代教育の抱える諸問題を克服するカギがあると信じます。
                                                                              K.O
 

   
  
 

2019年3月7日木曜日

子供たちに平和の尊さを伝えよう!- “人間・神の子”、神性の表現から -


元高校教諭のK.O です。

昨年6月23日、沖縄で戦没者追悼式が行われ、中学生の相良倫子さんが「生きる」と題して自作の詩を朗読しました。「全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。生きる事、命を大切にできることを、誰からも侵されない世界を創ること。平和を創造する努力を、厭わないことを。」世界平和を願う素晴らしい内容に感動しました。

今、子供たちに平和を語るとき

2016年より、高校生(18歳以上)にも選挙権が与えられ、地方・国の政治に参加することができるようになりました。昨今、憲法改正やそのための国民投票について、各政党の主義・主張や国会日程が報道されています。このような中で、子供たちに“平和の尊さ”と、そのために何が真実で何が大切かを、今、語るときであると思うのです。若い人が単に景気がよい、就職率がよいという目の前の利益で、政権を考え支持している傾向が高いと聞きます。世界と日本の平和のために、そして美しい地球のために重要なものは何かを。

小中高の学校現場で、また生命学園で平和を語る要点は以下のように考えます。①戦争はなぜ起るのか、その原因は?-プラトンの『国家』の中で、人間の「欲望」であると。②しからば「欲望」の統御こそが必要であり、他国から奪わない自然から奪わない生き方が求められる。自国も他国も大切に、そして自然をすべての生物・鉱物を大切にする生き方。③「倫理的な生活者」-エシカルライフスタイルの実践。「ノーミート、低炭素の食生活」、「省資源、低炭素の生活法」、「自然重視、低炭素の表現活動」-信仰を生活に実践する生き方。④また、「平和主義」や「信教の自由」等、「立憲主義」の大切なこと。子供たちに、平和と憲法について、年代に応じて分かりやすく説明していくことは、吾々大人の責務であると考えます。
 *
PBSの活動を通して

私達が地球環境を守り、世界平和を実現していくには、“人間・神の子”の内部理想の実現、神性の表現-それにより自らの人間の欲望を正しく統御することが大切です。そして、そのために倫理的な生活、PBSの活動を実践しています。

そのことを、総裁・谷口雅宣先生は、次のように示されています。  

地球生命の運命は、私たちの手中にある。言い換えれば、人類を含めた地球上のすべての生命の生活の場を、破壊するのか、維持し続けるかの判断は、私たち一人一人の毎日の選択に委ねられているのである。煩悩優先の生活ではなく、“倫理的な生活”――神性表現の生活が求められている理由が、ここにある。(機関誌『生長の家』2017年7月号7頁) 

 PBSの活動を具体的に実践している、中学校教諭の方は、SNI自転車部に所属し、部員の方々とクリーンサイクリングに参加しています。汚い道路がきれいになり喜びがあると語っています。また、SNIオーガニック菜園部にも入り、勤務校で生徒と畑づくりを通して、自然と一体の生き方を指導しているそうです。

“人間・神の子”は世界平和の基礎

平和な世界を実現していくためには、日本の平和が大切です。それには、日本国憲法の長所を理解することが肝要です。『“人間・神の子”は 立憲主義の基礎』8頁には、立憲主義について次のように説明しています。

  立憲主義とは「憲法によって権力を制限し、憲法を権力に遵守させる」ことです。

つまり、個人の基本的な人権を尊重し、それを権力から護るのが立憲主義の特徴なのです。

そして、19頁には“人間・神の子”は立憲主義の基礎であることについて述べています。 
  
 (前略)人間は神の“無限”の表現として、一人ひとりがかけがえのない絶対価値を持つ“神の子”だと考えます。だから、この“人間・神の子”の教えは、基本的人権が尊重されるべき根拠となるという意味で、立憲主義の基礎となるものだと言えるのです。

基本的人権の尊重は世界共通の理念となっていて、“人間・神の子”の教えは人類共通の理念の宗教的な基礎とも言えます。
人間・神の子”-神性の表現から、子供たちに平和の尊さについて分かりやすく伝えていきたいと考えます。
                                      K.O
 * project-based system  生長の家のプロジェクト型組織

2019年2月11日月曜日

「いいことノート」への取り組み③

みなさま、こんにちは。小学校教諭のMTです。
今回は、「いいことノート」に取り組んだ際に、保護者からいただいた感想を紹介します。


・学校での様子がよくわかり、毎日の配信が楽しみになっております。本人は毎日ノートを書く事で、お友達の良いところを発見できたり、してもらって嬉しいという感謝の気持ちがわかるそうです。書く事がしんどいと感じる事もあるようですが、嬉しい、よかったという事を考える事によって、嫌な事、悪かった事が減り、プラス思考につながるのかなと思いました。
・毎日、いい事がある事に気づけるのは幸せなことだなぁ。と、ほのぼのと読ませてもらっています。
・毎日、子供も一緒に読んでいます。お友達の、うれしかった気持ちなどを読むことで、人の気持ちにも思いを巡らすいい機会かなと思います。
1日の学校生活を振り返って、ポジティブな考えを意識することで、気持ちの持ち方がプラスの方向に自然と流れていくように思います。
・それぞれの良いことを楽しく拝見させてもらっています。また、送信いただいた内容から、話のきっかけともなりました。あれこれ話さない息子ですので、学校での様子を知らせていただくことは、とても有難いです。
・いいことノートについて娘は、クラスのみんなのいろいろな思いを知ることが出来て、勉強になると言っていました。メールが届くと一緒に読み、みんなのあたたかな気持ちにとても癒されています。今日のいいことを思い、明日につながる、素敵なノートに感謝しております。
・毎日、子どもたちがどんないいことに出会ったのかな…と楽しみに拝見しています。普段、見過ごしがちな可愛らしいいいことを読むと、ほほえましく元気をもらいます。
・子ども達のいいことと笑顔が毎日あること、とても嬉しく思います。いいこと探しは一日を振り返り見つめ直し、心がより豊かに成長していくいい機会であると思います。これからも楽しみにしています。
・『いいこと』配信を親子で楽しみにしています。『いいこと』をみつける『いい目』が養われているなぁと感心しました。私も家事の合間に(ノートは無しで)はじめたのですが、自然とふりかえりができて『今日もなんやかんやいって、いい1日だったなぁ』と気持ちが軽くなりました。でもついつい『今しか言えない小言』も出てしまうのですが・・・。バタバタな日々の私にとって『いいこと』配信は、我が子とのかかわりを考える、思い出す、きっかけになっています。
・毎日「いいこと」メールが届くのを楽しみにしています。私も「いいこと」を書いてみようかな。
・娘も配信されることを楽しみにしています。親子で一日の学校生活の振り返りもできるので有難いです。一見不都合なことでも、見方を変えたら、有難い、いいことだと気付きを頂けるよい機会。小学生のうちから、この訓練を自らつけていけることは素晴らしいと思います。

「いいことノート」を書くことの”よさ”をお家の方にもご理解いただけ、また、お家の方にも、良いことに目を向ける日時計主義の実践が広がっているようです。
たいへん有り難いことです。

さて次回は、子ども達に目を向けようと思います。

2018年11月18日日曜日

「いいことノート」への取り組み②

小学校教諭のM.Tです。

前回に引き続き、私が実践している「いいことノート」について紹介します。
今回は、実際に子どもたちが書いた”いいこと”を紹介します。

ある同じ日の「いいことノート」の内容です。
Aさん
・国際(英語)の学習、プレゼンの準備が進んだ。発表楽しみ!
・そうじでゴミが予想以上に取れた!
・音楽で細かいことが分かった。次は先生が、あっと驚く演奏をしたい!

Bさん
・比例と反比例のちがいが分かった
・音楽で、トゥルースをみんなで弾けた。良いところと悪いところが分かった。
・総合の学習で、くるくるショップのルールが半分決まった。
・国際が、結構すすんだ。
・そうじがんばるぞ~

Cさん
・弁当日
・先生バスケ参加
・金曜

私からは、「1日に3個は”いいこと”を書こうね。よ~く思い出したら、絶対3個ぐらいみつかるからね。」と伝えているので、みんな3個は書いてくれます。
内容は、見ての通り様々です。Cさんのように書いてくる時もあります。
そんなときも、「書いてくれることが有り難い」と思い、また、この”いいこと”を活かせないかと考えます。

その後、学級の子どもの”いいこと”を抜粋し、保護者に送るメールにまとめます。
この日、実際に送ったメールが次のものです。


保護者様
「今日のいいこと」を配信します。
・外で遊んだ。
・バスケ、先生参加。 ←さそってくれてありがとう。いい汗がかけました。
・総合でいっぱい発表した。 ←子どもたちが、現在の学級の目的である、「分別を習慣にしてもらう」を基準にして、「○○をする」「○○をしても意味がない」という発言をしていることに感心します。筋の通った話し合いができていますね。
・国際が結構すすんだ。
・総合2時間。
コーーンスーープ
・1年生からコーンスープをもらった。
・1年生ありがとう!
 ←なにかお返ししてあげたいですね。夏休み前からの企画を進めるときが来たかな。係さん、計画をお願いします。
・音楽で
トゥルースをみんなでひけた。良いところ、悪いところがわかった。
・音楽、細かいことがわかった! 次は先生をあっと驚く演奏をしたい! 
 ←その意気ですね。よりよい演奏をするために、自分の楽譜に気をつけることを書き込んでおくといいですよ。
・明日の準備ができる。そうじがんばるぞ~。
・そうじ、ゴミが予想以上に取れた。
 ←今日も、みんなのいい姿が見られました。本当によく働いてくれます。感謝です。
・弁当
うま
・月曜日に家庭科がある。
・月曜、洗たく物を洗う。
さて、明日はどんな“いいこと”が待っているのでしょうか。
楽しみです。
担任 MT



このようなことを、毎日行っています。
なんとなく、実際の取り組みの様子が伝わりましたでしょうか。

さて、次回は、この実践に取り組んだことで出てきた成果について報告します。

2018年11月7日水曜日

 みなさまこんにちは。小学校教員Y・Yです。
 今回は新たに赴任した学校でのささやかな体験をお伝えしようと思います。その学校は700名近くの児童数の学校で、今まで通り音楽専科として勤めることが決まり、喜びいっぱい赴任前の挨拶に春休みに行きました。そこで校長先生から意外なお話がありました。その学校には高学年に複数のADHDと診断された児童が数名いてそのうちの何名かがかなり勝手な行動をするためにその学級が崩壊状態になったと聞きました。
「先生が来てくれて良かった。もしも、何かあれば、我々管理職や担任を監視役として呼んで下さい。」
といわれ愕然としました。順風満帆で音楽好きの児童ばかり指導してきたので一気に今までにない不安を感じました。しかし、『この星で生きる』という本に次のように書かれていました。
「環境や職場、学校が変わった時など不安を感じるのが人間だが、そんな時こそ、これから素晴らしいこと、楽しいことが待ち受けていると心に決めてしまうのがいい。なぜならこの世界は"心でつくる"ものだから。」
この言葉に勇気づけられ、心をプラスの方向に向けることにしました。

 着任式の日、体育館の後の方でうろうろする背の高い児童が目にとまりました。フードを被り棒を持っていたA君でした。正直、驚き、「祈りしかない」と感じました。その日から必ず学校と子ども達全員の素晴らしさを祈るようにしました。

 授業の最初の日A君は遅れて音楽室に入ってきて席には座らずに音楽室の隅のキーボードのところに座りました。私はとりあえず別の児童に向け授業をし、終わってから「A君、弾くのが好き?」と聞くと、まんざらでもなさそうなので、「次の時間から、パート別の合唱の練習の時、音取り係をしてくれる?」聞くと「いいよ。弾いてやる。」と上から目線の答え。しかし、休み時間に弾き方を教えるとできそうだなと感じました。。次の時間、合唱のパート別練習で音取り係として上手にキーボードを弾くA君を見て他の児童が、「すごい。A君弾けるんだ。上手だね。」と口々に言うので私はうれしくなりました。授業の最後に「A君がみんなのために練習してくれたことは素晴らしいことだね。でもA君の努力を優しく認めほめてあげたみんなの姿も素晴らしく先生はうれしかった。友達の良いところを見つけるみんなは心がきれいなんだね。」と話すとみんながにこにこして暖かい雰囲気になりました。その後A君は始めと終わりの挨拶の和音も覚え、挨拶担当もするようになりました。音楽が楽しいと言って、誰よりも早く音楽室に来るようになりました。自分が人の役に立つことがうれしかったのだと感じました。

  一人一人の大切な命、無駄な命なんて一つもない。A君がいてくれたから学べる事もあるということが他の子ども達にも分かってもらえたようです。色々な個性を受け入れながら認め合い思いやる暖かい人間に成長していってもらいたいと思いました。無限にたてに伸びることは美しく素晴らしいことです。しかし、また、愛を持ってムスビの世界を展開していくことも美しく素晴らしいことだと思います。

2018年11月2日金曜日

「いいことノート」への取り組み①

みなさん、初めまして。
小学校教諭のM.Tです。

この度、『教員生活が楽しくなるブログ』に投稿する機会をいただくことになりました。
私が、日頃行っている実践や、何気なく思ったことなどをお伝えできればと考えています。
どうかよろしくお願いいたします。

さて、これから数回に分けて、私が実践している「いいことノート」について紹介します。

「いいことノート」は簡単に言うと、その日にあった「いいこと」を書くノートです。(そのままですね(笑))
私は、市販のB6サイズのノートを使用しています。

その方法は、
①子どもが帰りの会で、その日にあった“いいこと”をノートに書く
②子どもの書いた“いいこと”を抜粋し、いくつかコメントを加え、保護者にメールを配信する
③教室の黒板に、配信したものと同じものを印刷して掲示し、一言メッセージを添える
です。 

また、そのねらいは
①日時計主義の実践と習慣付け
 ・子どもが、今日1日の“できた自分”を確認する
 ・子どもが、”よいこと”に囲まれている自分に気づく
 ・子どもが、多くの「人」「もの」「こと」に支えられている自分に気づく
 ・子どもが、1日の終わりをプラスの評価で終え、翌日への意欲を高める
②子どもの自己肯定感、自己有用感を高める
③保護者と情報を共有する
です。

実際の取り組みの様子は、次回詳しく紹介します。
どうかお楽しみに。

2018年9月15日土曜日

「神さまと自然とともにある祈り」の実修からはじめよう!

  元公立高校教諭のK.Oです。
 
  今年2月〜5月にかけて、生教会教区会長会議が全国7つのブロックで開催されました。その7会場のブロック会議に出席し、生教会運動のポイントについての説明を担当。その前後に「幸せを運ぶ教育フォーラム」、「生命学園研修会」等を10会場-合計17会場でお話しさせていただきました。企画・推進等の準備にご尽力された、多くの方々に感謝申し上げます。

各地で素晴らしい教育実践者との出会い-質疑応答-私たちは何をお伝えするのか?
 
 そこで感動したことは、「生長の家の教育」を実践するたくさんの方々との出会いです。素晴らしい実践をお聞きしました。2名の方を紹介します
 
 現職教員-K.Tさん(北見教区)(小学校教諭)
 
   特別支援学級の担任として、子供たちと野菜づくりを通して、自然に親しむことを指導しています。野菜嫌いな子供も少しずつ食べるようになり、「先生美味しいね」とびっくりするくらいの量を平らげる子もいました。また、職場や保護者との絆も深めることができたのです。始業前に野菜のお世話をしていると、大地のパワーが体に流れ入り、一日を楽しく過ごせるとのことです。
 
  生命学園園長S.Nさん福岡教区)(日豊生命学園
 
 食事の時もゲームを離さず、近所の家の壁をキズつけ、誰の言う事も聞かなかった児童が、読み聞かせと紙芝居の時だけおとなしいのです。S.N園長が「輝くところだけ見よう」と決心した時、変わってきました。今では下の子供の面倒をみて、兄弟・いとこを練成会に誘い、ジュニア友の会に入る決心をするようになったのです。
 
 各地で、現職の教員、生命学園の園長・スタッフのみなさんから、児童生徒の指導のことや生命学園の運営に関する、熱誠あふれる質問が出されました。心を込めて説明し理解してもらうことができました。その中で感じたことは、私たちは何をお伝えするのが最も良いのか?ということです。“新しい文明”を担う児童と若いお父さん・お母さんの幸福のために、そして世界の平和と地球の未来のために、何が必要なのか?この視点が、これからの生教会・生命学園の活動のポイントであると思います。そのために、変わらないで受け継ぐもの、変わるもので放つべきものを考慮して、進んでいきたいと考えます。
 
7つのお祈りの実修から-生教会・生命学園の新生と教育実践者の育成を
 
 この8月に発刊された総裁・谷口雅宣先生著の『「神さまと自然とともにある祈り』には次の7つの祈りが収められています。
 
・周囲に神さまを感じる祈り

・自然の美しさをたたえる祈り
・自然の中の私に気づく祈り
・植物の美しさと命を感じる祈り
・人と植物の生かし合いを思う祈り
・鳥やけもののすばらしさを称える祈り
・キノコやカビと友だちになる祈り

   このお祈りを朗々と唱えていると、豊かな心になり喜びいっぱいになります。自然と人間が調和した素晴らしい世界が、意識の中に広がります。各教区、各生命学園では、この7つのお祈りを実修し、喜びと感動が生まれているのです。児童もスタッフの大人もお祈りのコトバの響きを感じ、その響きが魂に届きます。
 
“新しい文明”を担う児童・青少年を育成するために、総裁・谷口雅宣先生よりいただいた、7つのお祈りのもと、新しい生命学園・生教会をつくっていきましょう。今、新生のときです。すべてはここから生まれ、始まります。さらに素晴らしくなるのです。
 
 特に、「生長の家の教育」を実践する若い教育実践者の育成を目指し、まずは小さな体験やささやかな取り組みから発掘していきたいと思います。                                                                                                 K.O