2022年8月19日金曜日

無料塾「夢と希望」(ただゼミ)開講宣言    - 生活困窮家庭の生徒・児童への学習・生き方支援 -

 

元高校教諭のK.Oです。 

ある新聞に「わが家にはお金がないから、学習塾へ行けない」という内容の投稿がありました。生活困窮家庭の生徒・児童が、学習塾へ行きたくても行けない可哀想な現実があるのです。

私も学習塾の講師をしながら感じたことは、子どもが塾に通えるのは、親がある程度裕福な家庭でないとできないということ。また、最近の大手の学習塾は営利を第一にする傾向が強いと、疑問を感じています。子供たちが将来に「夢と希望」をいだき、親の収入によって教育機会を失わないことが大切と思います。 

無料塾開講を決意!「長坂子ども食堂」に学ぶ 

経済的な理由等で、学習塾に通うのが困難な生徒・児童を対象に、学習・生き方支援を行うことを決意しました。(2021.10.6

白鳩会総裁・谷口純子先生は、「長坂子ども食堂」と題するご文章で、次のようにお示しくださっています。 

 20151月から、生長の家の職員寮がある長坂寮の集会所で、毎月第3日曜日に「長坂子ども食堂」を開いています。

 現在の子供を取り巻く環境は、必ずしも良好なものではありません。特に日本における子供の貧困の問題は深刻です。日本の子供の7人に1人、率にすると13.5%が貧困状態です。 一人親家庭に限ると、その率は48.1%にもなります。

 このような状況の中、子供たちの食のセーフティーネットの一助になればとの思いから、この食堂は開かれました。(谷口純子先生著『森の日ぐらし』143頁より) 

「長坂子ども食堂」の開設の目的に学び、無料塾開講を思い立ち決意しました。70歳の一念発起、これで教員生活の仕上げになると。この時は決意だけで、現象的には何も無いところからのスタートでした。 

願いは叶う    協力者・支援者が集まる!

開講できるかどうか?数年前から祈りました。時間が取れるかどうか?光明化運動に影響しないかどうか?塾講師の収入はなくなり支出が増える?等々について、妻とも相談し、神様に全託して祈ったのです。あるとき、「無料塾を開講せよ!」と声なき声がありました。

願いは叶う!協力者、また支援者が集まってきました。正しく愛を与える願いは叶うのです。開始日は、202241日と決めました。毎週土曜日の夕方に開講。今、準備を進めています。無料の公共の会場を探して、市教育委員会や社会福祉協議会を訪問し、断られたり、また辞退したりであちらこちらを回り、最後に素晴らしい会場が与えられました。

地域の公共施設です。(当時、事情により一時お寺で、現在は別な公共施設)所長さんが無料塾の趣旨にとても賛同され、同施設内の立派な食堂を貸してくださることに。新型コロナウイルス感染拡大防止対策を考慮して約20人は入れるところで、机・椅子・冷暖房・Wifi・自動湯茶付きです。挨拶して帰るとき、「よろしくお願いします」というと、所長さんが「共にやりましょう」と言ってくれました。熱いもの感じ、とても感動し励まされました。 

生徒・児童へ支援拡大から人材育成へ!

生長の家の教育(生長の家の教育法と環境教育)により、将来を担う人材を育成したいと考えています。学習の理解だけでなく、子供と親が真理を知り実践し、繁栄の生活を切り拓いていき、貧困の連鎖を克服していけることを願っています。

子供たちに真理と、自然と共に生きるライフスタイルを伝える新たな機会を開拓します。学校、生命学園、青少年練成会等をはじめ、さら新しいチャンスを拡大していきましょう。 

K.O

2020年11月26日木曜日

ネット・ゲーム依存から子供たちを守ろう! − 自然と触れ合う喜びと学び −

 
 
元高校教諭のK.Oです。

   香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」が可決されましたが、賛否が論じられています。子供たちのゲームやインターネット依存の実態について、厚生労働省の2017年度の調査は、中高生の約93万人がゲームなどでネット依存の疑いがあると推計しています。また、WHO(世界保健機構)は、2000年に「ゲーム障害」を疾病と認定。ネット・ゲームのやりすぎは、健康への支障、学力低下、引きこもり、脳への影響等の大きい問題があるのです。これを県条例で、一律に時間等の利用を制限することが是か非か・・・。

解放と引き出しの教育

   子供たちをスマホやゲーム依存から守るためには、その解決の根本は、まず、子供の教育全体の問題として捉えることです。そして、その基本は子供たち一人ひとりを神の子として信じ、神性を引き出すところにあります。神が現れれば全てが整うのです。子供を自由に解放し、良いところを褒めて認めて引き出すことが第一で、規則や条例で縛るのは逆効果になることが多いのです。

   生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生は、「子供の教育」について、次のように示されています。  

   わが家の場合、夫は成人した子供に対しては完全に彼らの自由を尊重する姿勢をとった。その考えは正しいと思ったから、私はその方針に従った。(中略)まだ、親の執着心がでることもあるが、常に子供に宿る神性を信じて、引き出す母でありたいと思う。    (谷口純子先生著『平和のレシピ』93~94頁より)

自然との触れ合い-喜びと学び  

    豊かな自然-樹木や草花、そして鳥や虫たち、爽やかな風。この自然との触れ合いに、真の喜びがあり、ゲーム以上の楽しさがあります。まさに、この自然の中にこそ、子供たちのこころを解放し、神性を引き出してくれる大いなる生命力があるのです。

    生長の家総裁・谷口雅宣先生は、「自然に触れる」ことについて、次のように説かれています。

    子供には直接、自然に触れる機会をできるだけ多く作ってください。それは、近くの公園の散歩でも、ベランダ菜園に来る虫との交流でもいいのです。それによって、私たち大人の生活もきっと豊になり、リフレッシュされると思います。 (谷口雅宣先生著『神さまと自然とともにある祈り』あとがきより)

   自然と触れ合いの効果は科学的にも立証され、インターネット依存症治療に自然の中で過ごす「治療キャンプ」が開かれていることも、その一例です。

    ゲームの制限も一方的に決めてしまうのではなく、子供たちに「道理を説く」ことが大切です。つまり、ゲームのやり過ぎは、健康や学業へ影響があることを理解させ、子供の意見も取り入れて親子で話し合いルールを作ることが必要と思います。また、コロナ問題の中で、家族との連絡や情報伝達にスマートフォン等の適切な利用も求められています。

    最も重要なことは、ネット・ゲームの問題だけに限定するのではなく、子供の教育全体として捉え、縛りを解放し神性を引き出すこと。そのためには、自然との触れ合いが肝要であることです。さらに、PBSの活動に参加、協力することをおすすめします。この中から、人材育成を通して“新しい文明”を築いていきましょう。                                      

                                                                                                                                     K.O

2020年7月16日木曜日

コロナバスターズ宣言と生教会の役割− 現職教員と児童生徒に伝えること

 
  元公立高校教諭のK.Oです。

  世界中が新型コロナウイルス感染拡大の阻止で非常事態になっている昨今、私たち教育関係者は、何を思い何を実践すべきでしょうか。生長の家総裁・谷口雅宣先生が、2020.4.5に発表された「コロナバスターズ宣言」に基づき、私達生教会の役割について考えたいと思います。
 

「コロナバスターズ宣言」
1.責任:私たちは責任あるコミュニティーのメンバーとして考え、行動します。
2.柔軟に忍耐強く:私たちは忍耐強く生き、事態が正常化した時に正しく行動するための準備を怠りません。
3.決意:私たちはこの時期に、正常時にはなかなか決意できなかった新しい決意を固めます。
4.尊敬:私たちは、私たちの隣人ーー地上の全生物を含めたすべての仲間を尊敬します。
5.抑制・制限:私たちは現状が気に入らないというだけで、決して大騒ぎなどしません。
                              Facebook「生長の家総裁」2020.4.5より)

 上記の5つの項目が全て重要でありますが、ここでは特に4項目の「尊敬」について考えます。 

新型コロナウイルス感染はなぜ起きたのか-学ぶことは何か?

感染拡大阻止に全力を注ぐことは重要であります。また、制約された環境でも日々明るくやれることを力一杯やっていくことも大切です。

さらに、この感染がなぜ起きたのかを理解し、それを将来を担う子供たちに伝えることが大変大きな愛行であると考えます。 

  生長の家総裁・谷口雅宣先生は、「コロナウイルスは何を教える」かについて、次のよに説かれています。

 今回の新型コロナウイルスの地球規模の拡大が教えていることは、数多くある。そのうち、前記の2回の機会*で強調したのは、「人間中心主義の弊害」ということだった。(中略)「生命を礼拝する」ことも「生命の法則に随順する」こともせずに、人間の物質的、肉体的欲望を満足させることを至上目的として、長期にわたって自然破壊を進めてきたという事実を指している。(谷口雅宣先生ブログ「唐松模様」、2020.3.22より)(*3/1生長の家春季記念日、3/11「神・自然・人間大調和祈念祭」)


  総裁先生は、「生命を礼拝する」-「地上の全生物を含めたすべての仲間を尊敬」することを示されています。肉食を控えることをはじめ、全ての生物・鉱物を大切にし、自然に与え調和する生き方が重要です。


「倫理的な生き方」を実践し、教育関係者や教え子に伝えよう!


「倫理的な生き方」として、「ノーミート、低炭素の食生活」、「省資源、低炭素の生活法」、「自然重視、低炭素の表現活動」のライフスタイルを実践し、教育関係者や教え子に伝えていきましょう。一例として、クラフトづくりでは単にできたものを買うのではなく、自然素材から工夫して作ってみることです。特に自然素材から伝わってくる感触-肌触り・臭い、そして加工のしかたや難易等が自然との一体感を養ってくれます。また、この体験が全ての生命を仲間として尊敬する生き方を培ってくれます。自然とすべての生命と一体となり調和するとき、神様に導かれ、「神の子」の自覚が深まり、自他一体の自己肯定感に満たされるのです。コロナ問題の中にあって、生長の家の使命、生教会の役割は極めて大きいと考えます。                                                                                             K.O